授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 家族看護学演習
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
本科目は、家族支援専門看護師に求められるケアとキュアを統合した看護実践への分析能力、教育方法、研究能力を修得するために設けられており、家族の健康と卓越した家族看護実践のさらなる探究に向け、文献や事例検討会の場を自分で設定しながら、家族の生活支援と援助方法を学習する科目である。前半は慢性期もしくは回復期の健康障害を有する患者とその家族に、専門性の高い家族看護を展開する際の家族看護介入について臨床事例や症例報告を分析し、その方略を学習する。その上で、後半に事例提起するための事例検討会の場を自ら設定し、家族看護過程の展開のプレゼンテーション、討議を通じて家族看護実践を導き出す。事例検討会において複雑で対応困難な問題をもち、健康障害を有する慢性期もしくは回復期の家族を、臨床病態やヘルスアセスメントを通してケアとキュアの視点からアセスメントし、家族看護過程の展開ができる。加えて家族看護過程の展開にはシステムズアプローチ、渡辺式家族アセスメントモデル、家族エンパワーメントモデルを事例に合わせ選択し、家族看護の実践者として適切な看護介入のあり方を提示し、ジェネラリストのスタッフへの教育的な関わりが展開できる能力を養う。
履修のポイント
留意事項
本科目は、家族看護学実習1、2で得られた知識、技術を統合し、学内にてその実践を展開していく。そのため、自主的に場を設定し準備、運営、評価までの一連の過程演習とする。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成