授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 遺伝看護援助特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
(概要)
 遺伝医療に必要な臨床遺伝学の知識を基盤として、遺伝看護実践のあり方を学ぶ。遺伝
 カウンセリングにおける家系図を用いたアセスメント方法を理解し、当事者やその家族 が抱える心理的・身体的・社会的課題の抽出方法を修得すると共に、遺伝学的検査の概 要と課題について理解し、その看護支援方法を検討する。また、遺伝医療における情報 管理と最新の情報検索の方法を修得する。

(目標)
 1.個人及び家族を単位として遺伝問題のアセスメントのプロセスを理解する。
 2.遺伝的課題を抱えた当事者やその家族を支援する具体的手段や活用できる資源、
   必要な関係者間の連携について理解する。
 3.適切な遺伝情報の管理について理解する。
 4.有効な看護支援の方法を探求するための、最新の情報検索方法について理解する。


履修のポイント
留意事項
初年度に履修をすることが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成