授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 遺伝看護援助論A
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
(概要)
 がん遺伝、周産期、小児期、成人期にある遺伝学的課題を抱えた当事者および家族がも つケアニーズを知りその看護支援のあり方について学ぶ。特に、遺伝学的検査や疾病及 び疾患管理、at risk者のおかれた状況を理解し、対象に応じた心理社会的支援につい
 て検討する。

(目標)
 1.がん遺伝、周産期・小児期・成人期における遺伝的課題を持つ当事者および家族が   もつケアニーズを理解し、心理的社会的支援の必要性について説明することができ   る。
 2.先天性疾患や遺伝性疾患の疾病/症状管理およびat risk者のおかれた状況を理解で   きる。
 3.事例を通して、遺伝的課題の抽出方法や遺伝カウンセリングの方法を理解し、看護   師の果たす役割について説明できる。

履修のポイント
留意事項
初年度に履修をすることが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成