授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 がん看護学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
(育成する力・スキル)
がん看護に関連する、理論や概念、モデルを、国内外の論文クリティークを通して、理解する。またディスカッションを通して、思考・論理の活用をはかる。

(概要)
がん患者とその家族の包括的な理解と、がん看護を実践する上での基盤となる理論・概念・モデルを理解し、その活用について、看護研究論文の検討および実践事例の分析を通して深く理解する。

(目標)
1.がん看護に関連する概念・理論に関する理解を深める。
2.がん患者の家族の理解と支援に関する概念と理論の理解を深める。
3.概念や理論の実践への活用、さらに研究・教育への適用方法や可能性について探求する。特に、がん看護実践における事例分析の基盤知識について深く学ぶ。
履修のポイント
留意事項
【履修のポイント】初年度に履修することが望ましい
【留意事項】ゼミナール形式で行う。学生のプレゼンテーション、討議が重要な学びの機会となる。実践事例の提示が必要となるため、これまでの実践をまとめておくとよい。積極的な参加を期待する。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成