授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 がん看護援助論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
<授業概要>
@がんの多様な局面・プロセス(病名や予後告知・治療法選択・診断・治療・リハビリテーション・終末期など)における、患者・家族の全人的なアセスメントについて深く理解する。
Aがん患者とその家族の抱える複雑な健康問題に対する包括的な支援を、理論・モデル・エビデンスに基づいて提供できるよう、アセスメント、問題解決、および看護援助の方法を講義と事例分析を通して深く学ぶ。

<達成目標>
1.がん患者と家族を全人的・包括的に捉えるとともに、アセスメント及び援助法について理論・モデル・最新の研究知見を活用し探究できる。
2.がん看護実践に適用できる科学的根拠に基づいた援助法について、その原理、方法、評価、開発プロセスを探究できる。
3.がん患者への質の高いケアを提供するための政策、保健・医療・福祉サービスの動向と実際を学び、退院調整と多職種と地域を包括した支援システムの構築において重要な視点を考えることができる。
4.がん患者・家族・医療者の倫理的ジレンマと調整支援において必要なアセスメント視点と介入方略の理解を深めることができる。
5.がん看護専門看護師の役割を総合し、個人や集団に対して組織や地域で活動していくための可能性と課題を考察できる。

履修のポイント
留意事項
1.最新の国内外のがん看護領域に関する文献および書籍や資料を主体的に精読しておくこと。
2.授業から得た知識を応用して,がん看護専門看護師の役割を高めるのに必要な学びを深めること。
3.既習の授業知識は十分に整理,習熟のもとで授業にのぞむこと。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成