授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 がん看護学演習1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
<授業の概要>
@がん薬物療法を受けるがん患者とその家族のアセスメントや支援に関するエビデンスの検索とその実践での活用について習得する。
Aがん薬物療法の療養過程のマネジメントに必要な臨床判断過程を演習も併用して深く学ぶ。

<達成目標>
1.がん薬物療法の効果と有害事象のメカニズムについて理解できる。
2.がん薬物療法における看護介入方法やその研究方法を探究する。
3.がん薬物療法における高度なアセスメント方法を習得する。
4.がん薬物療法における患者・家族の複雑な健康問題に焦点をあて,事例を通して健康問題のアセスメントの視点および看護介入を掘り下げて検討できる。


履修のポイント
留意事項
ゼミナール形式で授業を行うため、提示される課題を事前に準備して授業に臨み、授業後は、学習成果を復習しまとめておくこと。また、ディスカッションには積極的に参加すること。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成