授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 がん看護学演習2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
<授業の概要>
がん薬物療法を受けるがん患者とその家族の生活の質向上のための方略や、セルフマネジメント能力向上のために必要な相談および教育支援方法について事例分析と実践演習を通して習得する。

<達成目標>
1.文献検討や演習によって、がん薬物療法中の患者のアセスメントができ、全人的苦悩(苦痛)への介入法を提案できる。
2.がん薬物療法を受ける患者・家族への専門看護師の役割と機能という視点を踏まえた上で、個別的な援助を立案し、臨床に適用可能なものとすることができる。
3.がん看護専門看護師を志すものとして,現在と将来の社会的展望をもち,がん薬物療法看護における医療・看護が抱える課題について洞察できる。
履修のポイント
留意事項
ゼミナール形式で授業を行うため、提示される課題を事前に準備して授業に臨み、授業後は、学習成果を復習しまとめておくこと。また、ディスカッションには積極的に参加すること。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成