授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 がん緩和ケア演習
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
【育成する力・スキル】
がん看護専門看護師として、診断から末期までに緩和ケアを受けながら生きる患者・家族が地域で生活する上で必要なサポートの調整および支援する方略を考え、実践する力がつく

【授業要旨または概要】
@緩和ケアを受ける複雑な問題をもつ(特にエンドオブライフにおける)がん患者および家族に生じる心理・社会的およびスピリチュアルな問題のアセスメント、問題解決に向けた看護介入を学ぶ。
A演習を通して、緩和ケアにおける適切な倫理調整およびがん相談支援技術を身につけ、施設内外における患者・家族および医療者らを含めた支援の実践能力を養う。

【達成目標】
1.(特にエンドオブライフにおいて)がん患者に生じる特徴的な症状や全人的苦痛を理解し、倫理的問題および倫理調整についてその解決方法を身につける。
2.(特にエンドオブライフにおける)がん患者とその家族への療養支援の実践に向けて、療養の場の選択とその特徴について理解し、専門看護師の役割と機能の視点を踏まえた援助のあり方について検討できる。
2.がん相談支援技術や心理社会的介入(サポート・グループ、カウンセリングなど)の種々の支援方法に関する基本的知識・技術とその実際について深く理解できる。
3.緩和ケアの知識・技術に関する学びを統合し、がん看護専門看護師としてのエビデンスに基づく方略や展開上の課題について検討できる。
履修のポイント
留意事項
【履修のポイント】がん緩和ケア論と併せて履修することが望ましい。

【留意事項】実践事例をもとに、フィールドワークなども取り入れて行う。学生のプレゼンテーション、討議が重要な学びの機会となる。各自の実践事例の提示が必要となるため、これまでの実践をまとめておくとよい。より高度な看護の実践力工場ぬに向け、積極的な参加を期待する。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成