授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 三次元画像形成
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
この講義では3次元画像表示技術について学びます。具体的には人の立体視のメカニズムを学び、次に様々な3次元画像表示技術について、それが基づいている立体視の生理的・心理的メカニズムについて関連づけながら学びます。現在最も自然な立体感が得られる3次元表示技術であると考えられているホログラフィ技術を取り上げ、その原理から応用までを詳細に学びます。この授業は未来の社会で広範な応用が期待される立体画像表示技術について基本的な知識を得ることを目標としています。
 本授業により育成する力・スキルは「自ら考える力」、「工学を理解するための基礎力」、「画像の本質理解と応用力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありませんが、幾何光学、電磁気学、波動光学などを履修していると授業の理解に役立ちます.
履修のポイント
留意事項
この授業は既に学んだ光学の知識があれば十分です。特にホログラフィについては、その理解に重要な事項であるレーザ、光の干渉・回折についての復習をしておくと理解が深まります。
学部・学科必修/選択の別
工学部 光・画像工学科 選択

2021/04/01 19:22:21 作成