授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境マテリアル工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 わが国におけるこれまでの社会経済活動は、大量生産、大量消費、大量廃棄型の
社会経済の仕組みに根ざしたものでしたが、その根本的な解決を図るためには、こ
れまでのスタイルを見直すことが必要となります。適量生産、適量消費を通じて、
廃棄物などの発生を抑制し(reduce)、再使用(reuse)、再生利用(recycle)を
進め、最後に適正に処分する、このような物質循環が実現してはじめて天然資源の
消費が抑制され、環境負荷の低減が可能となります。 
 本講義では、まず廃棄物の発生やその循環的な利用と処分の現状把握から出発し
て、そのための制度の整備状況、廃棄物の発生抑制や再生利用・リサイクルの取り
組みなどを学びます。また、近年盛んになってきているLCA (Life Cycle 
Assessment) の考え方を紹介し、これに基づいて様々な材料に関する循環につい
て、環境負荷を低減する方法を調査し討論する予定です。
 本講義により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「時代の変化に対応す
る力」、「材料工学の技術分野へ貢献する力」、「将来の材料科学の発展に寄与す
る力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。物理化学や材料精製工学との基礎的な関連がありますので
履修しているとより理解が深まります。
履修のポイント
留意事項
(1)毎回、Quiz(小テスト)の回答の提出を求めます。
(2)週一回程度、Assignment(宿題)の提出を求めます。
 

学部・学科必修/選択の別
工学部 材料科学科 選択

2021/04/01 19:22:21 作成