授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 炭素材料学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
本授業は、先端工業材料として注目されているグラファイトやダイヤモンド、そして炭素系新物質であるフラーレン、カーボンナノチューブ、グラフェンを取り上げて炭素材料の基礎知識および応用例について講義する科目です。炭素材料は、炭素原子の配列様式によってそれぞれ異なる物性を示すという大変興味深い素材です。
炭素系新物質はナノテクノロジーとしてその応用が期待されており、グラファイトは航空機や自動車など幅広く工業材料として応用されています。本授業では各種炭素材料の構造や製法などの基礎的知識の習得と応用例や研究・開発動向について学習することを目標とします。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。本授業はナノテクノロジーおよび複合材料学との関連が深くこれらの科目を履修するとより理解が深まります。
履修のポイント
留意事項
各種炭素材料に関する基礎的な項目から材料応用まで幅広く取り扱い理解を深めていきま
すので、欠席しないことが肝要です。積極的な態度で授業に臨んで下さい。
学部・学科必修/選択の別
工学部 材料科学科 選択必修

2021/04/01 19:22:21 作成