授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 プログラミングBASIC
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
土木工学が扱う分野では、多量のデータを扱うことが多く、構造計算、流体や地
盤の解析、測量や各種調査におけるデータ処理、設計・施工管理の局面でコンピュ
ータが広く利用されています。コンピュータを用いて各種演算や処理を行うには、
プログラムが必要でプログラムを作成することをプログラミングと呼びます。本科
目では、土木分野におけるコンピュータ活用法の基礎を、初心者向きプログラム言
語であるExcel VBAを用いて、各種演算処理の基本的なアルゴリズム、関数や配列の
利用ならびにファイル処理などに関して実際にパソコンを操作しながら学習しま
す。ここでは、各命令文の単なる文法的意味を論ずるのではなく、種々の問題をコ
ンピュータを使って効率よく処理していく上での考え方を重視した授業を行いま
す。したがって、たとえプログラム言語が異なっても、学習した基本的プログラミ
ング技法を用いて、直面する諸問題の解析、プログラミング、計算処理の過程を自
分で組み立て、実行し得る能力を養うことを目的とします。
 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「工学を理解するため
の基礎力」、「専門分野を理解する基礎力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。情報関連科目と直接関連しますが、土木専門科目におけ
る各種計算ならびに解析、実験・実習科目におけるデータ処理、卒業研究時の設計
計算や実験の計測・制御に広く利用することができます。
履修のポイント
留意事項
パーソナルコンピュータを一人一台ずつ使用して、演習を行いながらプログラミング
の理解を深めます。プログラムの命令語は、積み重ねの利用・応用となるので、毎回の
授業内容を確実に理解し次のステップへと繋げていく姿勢が重要です。特に、修得した
プログラミング技法は、直ちに応用可能な専門科目の問題に適用してみることが望まれ
ます。
学部・学科必修/選択の別
工学部 土木工学科 選択

2021/04/01 19:22:21 作成