授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 土木解析学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
工学を専攻する学生にとって共通なことですが、応用力・思考力の源が解析の道
具・手段としての数学にあるといっても過言ではありません。特に重要なことは、
数学の有する厳密性より物理現象とつながる幾何学的イメージをしっかりと把握す
ることです。一例ですが、微分と積分は逆演算の関係にあることを微積分の授業を
受けた学生なら知っています。しかし、微分の幾何学的イメージである接線と積分
の幾何学的イメージである面積が、なぜ関係しているのか理解している学生はそれ
ほど多くないと思います。専攻科目における数学を利用する解析法が、良く理解で
きない理由のひとつがここにあります。数学を学ぶということは、数学公式の背景
にある幾何学的イメージを身につけることであり、本授業では、(1)微積分の幾何学
的解釈、(2)微分方程式の解法、そして(3)データ解析・数値解析法について講義
し、納得できる物理数学の修得を授業目標とします。
 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「工学を理解するため
の基礎力」、「専門分野を理解する基礎力」です。 
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。しかし、土木解析学の授業は、線形代数、微積分、物理学
の知識がベースとなりますので、これらの授業を履修し単位を修得していることが
望ましい。また、力学系の専攻科目(構造力学、水理学、土の力学など)の理解を
深めるために必要な科目です。
履修のポイント
留意事項
特に国家・地方公務員や大学院進学を目指す学生にとっては必須の科目です。教科書・
参考書には数学公式の背景にある幾何学的イメージを十分に説明しているものが少ない
ので、毎回講義に出席し授業を聞いて理解することが重要です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 土木工学科 選択

2021/04/01 19:22:21 作成