授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 土木工学演習A
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 土木技術を支える専門基礎の学科目を大別すると、材料・構造、地盤および水工
の三本柱を軸に、計画、環境、施工、防災に関連した専門科目で構成されます。す
なわち、土木工学の体系において材料力学および建設マテリアル、土の力学、水理
学は必須の科目と言えます。土木工学科ではこれら専門基礎科目の重要性に鑑み、
うち3科目を必修科目として重点教育を行っていますが、これらは社会基盤整備を
担う土木技術者として具備すべき基礎的な素養です。土木工学を修めた専門技術者
として将来、社会基盤の整備を通じて経済、社会および福祉などの向上と発展に寄
与することが求められますが、その際、土木の専門知識を十分に活用して計画の立
案、設計、施工および維持・管理の業務を遂行する必要があります。
 本授業では、このうち、測量学、水理学ならびに土の力学について専門基礎科目
の理論を再確認するための復習と演習を行い、専門における基礎学力の涵養と向上
を図ることを目標とします。
 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「工学を理解するため
の基礎力」、「専門分野を理解する基礎力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
 本演習は特に先修条件を定めていませんが、材料力学、構造力学、水理学、土の
力学、建設マテリアルおよび測量学など専門の基礎科目を履修し、単位を修得して
いることが望ましい。関連する科目としては、物理学、数学関連科目の知識が必要
です。

履修のポイント
留意事項
 土木工学演習Aは演習問題をもとに関連科目の基本事項についても講義を行うので、
専門教科の教科書、ノートをもとに復習を自主的に行うことが重要です。

学部・学科必修/選択の別
工学部 土木工学科 選択

2021/04/01 19:22:21 作成