授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 構造力学2(演習含む)
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
構造力学は静止・安定している構造物の力学に関する学問であり、土木構造物を設計
するための基礎となるものです。構造力学1では、静定構造物と簡単な不静定構造
物を学習しました。構造力学2では、さらに応用的な構造力学を勉強します。項目
としては、仮想仕事およびエネルギー法を用いた構造物の解析法、不静定トラスの
解法、たわみ角法を用いたラーメンの解法です。演習の時間がありませんので、し
っかり復習しながら学習しましょう。なお、土木基礎力学1,2および構造力学1で習ったことは既知として授業を行います。
 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「時代の変化に対応す
る専門力」、「専門知識を生かす応用力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はありませんが、土木基礎力学1,2および構造力学1を履修済みであることが望ましい。
履修のポイント
留意事項
 本科目は力学系科目のなかで最も高度なものです。したがって、演習をしながら授業
を進めますが、自ら復習することが大切です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 土木工学科 選択

2021/04/01 19:22:21 作成