授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建設マテリアル
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本授業は、材料の基本的性質および評価方法について学習するとともに、構造材
料として用いられている主な材料について、その産状、製造、性質、形状、規格、
用途、施工法、品質管理、試験法について講義し、建設構造物をより安全に、より
機能的にかつ経済的に構築するための材料の選定と設計および施工に関する基礎知
識を養うことを目標としています。対象とする材料は鉄鋼材料、非鉄金属材料、コ
ンクリート、歴青材料、合成高分子材料、木材、石材およびコンクリートを構成す
る基本材料であるセメント、骨材、混和材料です。
 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「時代の変化に対応す
る専門力」、「専門知識を生かす応用力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は特に定めませんが、土木基礎力学1と2、物理学、化学を受講していることが好ま
しい。また、本科目は、コンクリート構造、エコマテリアル、橋梁工学、道路
工学、河川工学、土木実験、土木防災実験などの科目の基礎となる科目です。
履修のポイント
留意事項
 将来土木のどの分野に進んでも、建設材料とりわけコンクリートと無関係な分野はほ
とんどなく、土木工学においては非常に重要位置づけの科目です。材料学は経験工学的
な色あいが強いが、材料の基本的性質を理解した上で、各種材料の特性を整理し学習し
ていくとよい。また、建設現場等を見学することは、本教科に興味を湧かせ授業内容を
理解する上で非常に有効です。

学部・学科必修/選択の別
工学部 土木工学科 選択

2021/04/01 19:22:21 作成