授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 河川工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 文明は水の制御と利用技術の開発と共に発展してきたと言っても過言ではありません。我々は、生態系と環境の保全に十分な配慮をした上で、総合的な治水と利水を図る必要
があります。
 本授業では、我が国の河川特性、降雨量と河川への流出量の評価法、降雨流出による
水位変化や流砂量の予測法、さらには、今後の治水・利水の計画・設計・施工に役立つ
基本的技術について学びます。
 本授業により育成する力・スキルは「自ら考える力」、「時代の変化に対応する専門力」、および、「専門知識を生かす応用力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
 水理学1と水理学2(または水理学と応用水理学)を履修しておくと、理解が容易に
なります。
 なお、文科省は、理解度を高めるために、講義時間と同じだけの予習時間と復習時間
の確保を要求しております。
履修のポイント
留意事項
 各講義で履修上の要点を言いますので、毎回の講義をサボることなく出席し、必ず
復習してください。そうすれば、難問・奇問を出すつもりはないので、高得点を取れ
るはずです。

学部・学科必修/選択の別
工学部 土木工学科 選択

2021/04/01 19:22:21 作成