授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 測量実習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 測量学(Surveying)とは、地球上の自然の地形、および橋、ダム、道路、河川など人
びとのために造られた構造物の位置関係を求め、これを数値や図で表現する技術です。
また、目的に応じて測定結果の整理を行い、種々の要求を満たすための技術でもありま
す。測量における基本的な測定は、距離、角度、高さの3つです。測量を学ぶにあたっ
て、測量理論を十分理解することはもちろん重要であるが、理論のみでは実際に役立て
ることはできず、測量器機・器具の取り扱いに慣れて、観測・計算・図化などの作業が
正しく能率よくできるように習熟し十分な経験を重ねることが大切で、測量の学習では
理論と実技とを関連させることが必要不可欠です。測量実習では基本的な測量として、
地面の高低差を測り標高を求める水準測量、距離と角度を測り測点の相対的な位置を決
定するトラバース測量ならびに距離と方向を求めるスタジア測量を行います。
  本授業により育成する力・スキルは、「集い力」、「時代の変化に対応する専門力」、
「専門知識を生かす応用力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はありません。
 この科目は、測量器機・器具等を操作することにより、測定値を得る実技科目ですの
で、測定器機・器具の操作方法等を会得する必要があります。また、ここで得られた測
定値の処理方法については、測量学1、測量学2で学習した理論が基本となり、これを
用いて解析することになります。
履修のポイント
留意事項
 この科目は、少人数の班構成で、野外での測定が主となり、お互いの協力が必要とな
ります。また、時間には限りがあるため、時間を守ることの重要性と、野外での作業、
行動となるためにルール、マナー等を順守することです。
学部・学科必修/選択の別
工学部 土木工学科 選択

2021/04/01 19:22:21 作成