授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 都市・地域計画
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 地方自治体は、都市や地域の将来像を描き、それに基づいて社会基盤の整備や
土地利用の規制、市街地の開発を行っています。今後益々、社会の産業構造の変
化、情報化、人口の高齢化が進行し、これらに対応して都市や地域の発展を計画的
に誘導していくための都市・地域計画の必要性が高まっています。更に、近年で
は、環境に配慮した都市・地域づくり、市民の参加した都市づくりが求められてい
ます。本授業では、今日の都市・地域計画に影響を及ぼしている西欧近代の都市計
画の歴史、日本の都市・地域計画の歴史を振り返り、日本の都市・地域計画制度の
仕組みを明らかにします。その上で、都市・地域計画における調査・計画・実施と
いう計画づくりの手法とプロセスを概説し、具体論としての土地利用計画、道路計
画等の都市交通計画、公園緑地計画、土地区画整理事業等の市街地開発計画の計画
と手法について概説します。個々の建設事業、建築行為がどのような計画的配慮の
下になされるべきかに関する知識を修得することが目標となります。
 本授業により育成する力・スキルは、「挑み力」、「時代の変化に対応する専門
力」、「専門知識を生かす応用力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連
(1)先修条件はありません。
(2)先行して履修が望ましい科目: 土木工学の基礎科目、応用科目。
(3)この科目の交通の部分の具体的な展開として、交通計画、デザインとの結びつ
きとしてシビック・デザインが開講されます。
履修のポイント
留意事項
(1) 授業の形態: 都市・地域計画の体系・手法・基礎的概念を説明すると共に、具
体的な都市づくりの事例をパワーポイントや資料により紹介します。
(2)受講学生への要望: 土木工学の基礎知識の外に、産業、行政、政治等、日本の
社会の基礎的な枠組みに関する知識が必要です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 土木工学科 選択

2021/04/01 19:22:21 作成