授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 複素解析
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 工学および自然科学の分野で広く使われる複素関数の理論を通して、複素積分に関係するコーシーの積分定理とその応用を解説し、留数定理を用いた定積分の計算に触れ、それらをそれぞれの専門分野で応用する力を養成することを目標とする。複素数を変数とし、複素数を値とする複素関数の中で、 正則関数の性質や関連する様々な定理や公式を取り上げ, それらの利用を述べる。微分では、まずコーシ・リーマンの方程式と正則関数の関係を求め、積分ではコーシーの積分定理とその応用を扱う。後半は、ローラン展開と特異点の内容を取り上げ、留数定理を経て、その応用である実積分の計算をする。最後に等角写像と図形の写像について触れる。

授業で育成する力・スキル:「海・自然を知る」為の基礎科目である。
先修条件または
他の授業科目との関連
「微分積分1・2」、「線形代数1・2」、「基礎微分方程式」、「多変数の微積分」を履修した後での履修が望ましい。3セメスター以降での履修を薦める。「フーリエ解析」の授業もぜひ履修して欲しい。
履修のポイント
留意事項
 「多変数の微積分」の内容も含めて、ある程度, 微分積分の計算ができることが必要である。 週1回の講義なので、毎回の講義に休まないことを心がけること。やむをえず休んだ場合は、次回までにノ−トを補っておく気持ちが大切である。分からない点は積極的に質問することを心掛けて欲しい。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 選択

2021/04/01 19:22:21 作成